宇都宮市を中心に、栃木県内幅広く対応いたします

宇都宮相続遺言相談センター  松澤崇司法書士事務所

〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和3丁目2番4号

営業時間:9:00〜18:00土・日・祝日を除く)

お気軽にお問合せください

028-600-3331

それって本当に相続放棄?

それって本当に相続放棄?

借金が多く相続したくない。

亡くなった人と生前全く付き合いが無かったので相続したくない。

そういった方、結構いらっしゃります。

その場合、相続放棄と言う制度があります。

よく聞く言葉ですが、間違って使われがちな言葉です。

 

次から相続放棄の説明をしたいと思います。

間違った相続放棄

遺産はいらないので、「遺産を放棄する」と他の相続人に言った。

他の相続人から、「遺産をいらないと一筆書いてくれ」といわれ、その通り一筆書いた。


これは相続放棄ではありません。

この場合ですと、不動産や銀行預金などのプラスの遺産は相続しませんが、借金などのマイナスの遺産は相続してしまう事になってしまいます。

借金には、貸主がいます。勝手に相続人の中の話し合いだけで、特定の相続人だけが借金を相続しないと決めてしまうと、貸主が保護されなくなってしまします。

借金も相続しない、本当の相続放棄のやり方はきちんと法律で定めらているのです。

本当の相続放棄

本当の意味の相続放棄とは、「自身が相続人であることを知ったときから3か月以内」に、亡くなった方の住所地にある「家庭裁判所」に「相続放棄の申述」をしなければならないと決められています。

家庭裁判所で相続放棄が認められると、放棄した方は、プラスの遺産だけでなく、マイナスの遺産、つまり借金も相続することが無くなります。

 

原則借金は法定相続分で相続されます。
例えば父、母、長男、長女の家庭で、父が膨大な借金を抱え亡くなった場合、法定相続分は、母4分の2、長男4分の1、長女4分の1となり、その割合で借金は相続されます。

この場合、借金を相続したくない長男が相続放棄をすると、長男は相続人でないと言う扱いになります。
 

長男を除外した法定相続分は、母2分の1、長女2分の1となり、この割合で借金を相続することになり、長男の借金の返済義務はなくなります。

 

ご注意頂きたいのは、上のケースで、母、長男、長女全員が相続放棄を家庭裁判所へ申述すると、今度は、次の相続人の地位を有す、亡くなった父方の両親や兄弟姉妹が相続人となり、借金を払わなければならなくなります。

相続放棄の費用

当事務所では、家庭裁判所に提出する相続放棄申述書の作成を行っております。

 

相続放棄申述書報酬 1名 3万円(税別)~

※その他実費として800円の印紙代、予納切手、郵送代、戸籍住民票取得費用が掛かります。

 

栃木県宇都宮市の相続放棄は、松澤崇司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

その他のメニュー

お問合せはこちら

宇都宮の相続は当事務所まで。
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

028-600-3331

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日を除く)

無料相談のご予約はメールでも受付けております。お問合せフォームの「ご質問はこちらへどうぞ」の欄に、ご希望の日時、時間をご記載ください。おって返信いたします。